ニキビ跡を消す方法を知ろう|化粧品で肌をキレイにしよう

フェイスケア

肌状態に合った美白成分を

化粧品と花

2種類ある美白成分

ニキビができてしまうと、活性酵素が活発に生成されます。活発に生成される活性酵素により、メラニン色素が肌に沈着しやすくなります。そのため、ニキビが治った跡に茶色いニキビ跡ができやすく、消すためには美白成分を肌に与える必要があります。しかし、一言で美白成分と言っても、美白成分には主に2つの種類があるため注意が必要です。美白成分の2つの種類とは、既にできてしまった色素沈着を排出する効果のあるものと、メラニン色素生成の抑制効果のあるものです。それぞれ肌に状態に合った種類を選ぶ必要があり、誤った選択をするとニキビを悪化させることもあるため注意しましょう。既にニキビは完全に治っている場合と、まだニキビがある場合とでは選択する種類が異なります。

それぞれの有効成分

すでにニキビが治っている場合には、色素沈着の排出効果のある美白成分がおすすめです。色素沈着の排出を促すことで、ニキビ跡を消すことができます。色素沈着の排出効果のある美白成分では、ビタミンC誘導体が最も効果的です。また、ハイドロキノンも、非常に高い効果を持っています。ただし、ハイドロキノンは肌に刺激が強すぎる場合もあるため、ニキビがまだある場合には使用しないほうがいいでしょう。まだニキビがある場合には、メラニン色素生成の抑制効果のある美白成分が有効です。すでにできてしまったニキビ跡を消す効果を得ながら、新たにできるニキビ跡を予防することができます。トラネキサム酸はメラニン色素の生成を抑制するほか、炎症を鎮める効果もあります。まだニキビがある場合やニキビができやすい方は、トラネキサム酸でニキビ跡を消すようにしましょう。