ニキビ跡を消す方法を知ろう|化粧品で肌をキレイにしよう

顔のケア

ニキビが治っても困ること

悩む女の人

しつこいニキビが治ったとしても、肌にニキビ跡が残ってしまうこともあります。これは肌の表面に凹凸ができるので、ますます気になってしまいます。このような状態を消すには専門の治療が効果的なので、それを行うところを探して積極的に受けていくようにすれば悩みも解消されます。

もっと読む

2つの種類と適したケア

笑顔のレディー

ニキビ跡には、茶色く残る種類とクレーターや赤みが残る種類とがあります。それぞれ適したケアが異なり、適したケアをすることできれいに消すことができます。茶色いニキビ跡には美白化粧品を、クレーターや赤みのあるニキビ跡にはピーリング石鹸がおすすめです。

もっと読む

肌状態に合った美白成分を

化粧品と花

茶色いニキビ跡は、美白成分を肌に与えることで消すことができます。しかし、美白成分には2種類あり、肌に合ったものを選ぶことが重要です。ニキビが治っている場合には、ビタミンC誘導体がおすすめの成分です。ニキビがまだ治っていない場合には、トラネキサム酸を使用するようにしましょう。

もっと読む

美白成分できれいに消そう

笑顔の若い女性

シミと同じ有効成分

ニキビが治ったと思いきや、ニキビ跡が残ってしまう場合があります。特に茶色くニキビ跡が残ることが多く、どうにかして消したいと思われている方は多いのではないでしょうか。茶色く残ったニキビ跡は、美白成分を肌に与えることで消すことができます。茶色いニキビ跡は、シミと同じメカニズムで発生します。ニキビはアクネ菌が原因で起こりますが、アクネ菌を退治しようと活性酵素が生成されます。活性酵素は人の体を細菌やウィルスから守る役目を果たしていますが、同時に肌にダメージを与える原因ともなります。ニキビが治る際に生成された活性酵素が肌に残ってしまうことで、シミと同じくニキビ跡ができてしまうのです。そのため、シミと同じく美白成分できれいに消すことができます。

ピーリング石鹸もおすすめ

ニキビ跡を消す美白成分は、主に2つあります。その2つとは、ビタミンC誘導体とハイドロキノンです。2つの美白成分が配合された化粧品を使用することで、気になるニキビ跡を消すことができます。ただし、ハイドロキノンは刺激が強い成分です。市販品に配合されているハイドロキノンは低濃度ですが、人によっては刺激が強すぎる場合もあります。必ずパッチテストを行った後で、使用するようにしましょう。また、美白成分を肌に与えるのと同時に、ピーリング石鹸を使用することがおすすめです。肌のターンオーバーを活性化させることで、より早くより効果的にニキビ跡を消すことができます。古い角質を取り除いてくれるため、美白成分がより浸透する効果もあります。特に肌のくすみにも悩まれている方は、ピーリング石鹸がおすすめです。